振袖の着用

振袖は高価な買い物です。

振袖を購入すると、数十万円から高価なものは数百万円というものまであり、大きな価格の差があります。 成人式は一生に一度の記念ですから、思い切って奮発して高価な振袖を購入する人もいるでしょう。 レンタルであれば、数十万あれば借りることができます。 中には数万円でレンタルできるものもあります。 数十万円出して、着物を購入するのが良いのか、レンタルするのが良いのかは一概には言えないところです。 購入した場合は、その後もいろいろな場面でその振袖を着ることができますが、着物の管理が大変かもしれません。 また、レンタルの場合は、1回だけで数十万円かかってしまのは、もったいないかもしれません。 成人式は一生の想い出に残るように、納得のいく方法で、自分の好みに合ったデザインの振袖を選びたいものですね。

着物は日本の伝統文化

振袖は未婚女性が着る正装として、昔から着用されてきました。 また、成人式やお正月に華やかな振袖を着る女性も多いですね。 振袖を購入して、結婚式のお呼ばれなどにも、振袖を着こなしている女性もいるようです。 洋装と違って、毎回同じ振袖でも失礼に当たらず、1枚で十分に活用でき、ある意味経済的かもしれません。 最近は、着物を着る習慣がなくなってきて、成人式でしか振袖を着ない女性も多いと思います。 1回だけならレンタルを利用するのも良い方法です。 着物と合わせて、小物類も一緒にレンタルすると、素敵なコーディネートになるでしょう。 日本の伝統的な文化の一つでもある着物をもっといろいろな場面で着こなせるようになっていくと良いともいます。